(c)8105graphics. 2005-2006 ShoK All rights reserved.
トップ
index  gallery  game  music  blog  links
戦術バランスについて
 MONSTERは動のゲームである。
しかし、最近ではBS無敵の避けも一概にし続けるのも危険であることが分かり、対戦時においては静的な読みあいもあるようだ。

 昨日夜、某氏との戦術バランスにおいて、MONSTERが避けに避けていた「小足からコンボで大ダメージ微妙」といわれてしまった。まあ反論を考えてすごい長い解説を2,3度書いては消し書いては消し…。

 最終的に思い至ったのは、「小足使うキャラ何人いるだろう」という事だ。小足とは屈小攻撃で下段の事。性能としては、ガード硬直の合間に切り返しとして差し込めること、そのまま連携に突入できるというもの。

 カッツェ、和尚、真夜には小足がない。つまり屈小に下段判定が付いていない。デルガ、オセロについては小攻撃性能自体がない(デルガは中性能以上、オセロは全攻撃が中かダウン)、ライルは小足はあるが中攻撃がないため小足から強力な連携に入りづらい。アレクサンドルはガード不能だが、ガード不能であるために発生が遅く、ついでに言うと中大が遅すぎてつながらない。つまり大ダメージの初手にはなりにくい。イフリートはそもそも通常技がない。

 つまり小足を持つという性能で限定するとシェリーと王樹のみになる。この二つのキャラクターは、確かに小足はあるが、それに見合うだけの致命的な欠陥も持っている。

 シェリーはダメージが低い。即死がもっとも困難なキャラだ。ありきたりなコンボを利用すると、3ゲージでも6000弱がいいところだ。1シフト+1ゲージで実用的なコンボをやってみると

 J小>J中>屈小(小足)>屈中>屈大1段目>J大>D大>ツイングレイヴSt>シフト>J大>D大>ツイングレイヴMo>MBLv1>着地後JバルキリージャベリンMo(ワイヤー)>スワローブレイクMo

このコンボで4245ダメージ。
ではつぎ、カッツェの1シフトコンボをやってみよう。

J中>立中2段>屈大>D屈大>バステトファングLSt>シフト>立大>D中>エピオルニスウィングMo

これで4352ダメージ。シェリーの難易度の高いコンボに比べてはるかにお手軽、画面はしでなくても入るどこでもコンボな上、ゲージを使用していない。なおかつダメージが上回っている。シェリーのダメージ性能は全キャラ中最小である。

シェリーは逆を言えば苦労しなければ大ダメージを決して稼ぐ事は出来ない。その代わり、小足に限らず、コンボに入れる間口が性能面で広いのである。

 では次、王樹は何が欠点かというと、その立ち回り性能の低さである。
J攻撃を見ていただくと分かるとおり、どの技もそれほど長い時間判定が出ているわけでもなく、物凄く短い。やられ判定はもちろん見た目どおりあるし、何か特筆できるような利点は何一つない。
 地上立ち技では、立小、立中がしゃがんでいる相手にすかる。立大は判定は広いもののダウン性能を持たず、上段だ(というより通常技には基本的に中段はない)。屈小(小足)と屈中のリーチの長さが唯一の救いみたいなもので、屈大はショルダータックルだが、リーチが短くよくすかり、遅く、自身の判定は大きい上、これも上段だ。そしてどの技もダメージはそれほど高くない。
 必殺技にいたっては目も当てられない。強化していない状況では閻は出初めを地上のけぞりで潰される上にガード、すかりを問わず反撃確定である(強化していても出始めは潰される)。閃はまだましだが、Stでは相手がダウンしない上、近すぎるとすり抜けてしまう。おまけに隙もそれなりに大きいので、出の早い技なら食らうばあいもある(ついでに強化しても前方には一切意味がない)。填などはそろそろ救いようがなくなる。なんと地上技1発から連携としてキャンセルしても相手がのけぞってしまったら当たらないのだ。填を当てる状況は限られており、相手がかなり高い位置で画面はしに大してダウンしている最中でなければならない。すべての技はもちろんすべて上段の上、ダメージも高くない。

 王樹はこれらの立ち回りの欠点全てを、「開」による陣と、MBによる強化陣によって補わなくてはならない。この開も判定も出ない上に隙だらけ。相手のダウンから出しても時には危機を感じる事もある。(ヒット数が大きい場合は落ちるのが早いため起き上がりも早い)超必殺は対空性能と陣を安全に出す事が出来、その性能も抜群でなかなか頼れるが、ゲージには限りもあるし、他の陣同様時間で消失する。その上判定は目の前にひょっとだした手のひらにしかない。Lv1陣にいたっては密着でもしゃがまれていると当たらない。おまけに陣を出す時のダメージは高くない。

 王樹は主に陣を巧みに利用して、自分の利を築いていくタイプのキャラだ。コンボを一つ挙げてみよう。

 J小>J中>屈小(小足)>屈中>立大>D屈大>閃>シフト>D大>填Mo>最速D小>閻Mo

ダメージは4169。ゲージを利用してもあまりダメージは動かない。というのも、補正が高すぎるためだ。最終の状態で24%まで減退している。

 結論としては、この2キャラから小足を取ったら確実に弱くなるし、小足があってもそんなに強くないということだ。MONSTERはこの小からハイコンボコンボ、という流れを出来る限り押さえてきたので、まあよくまとめられたと思う。性能においては全体を通してリスクとリターンがうまくつりあっている。…と思うけどどうなんでしょうねえ。

 あまりユーザーの皆さんから小足云々の話も聞かないので…。というより全然MONSTERの話を聞かないのでわかりませんが。シェリーは「お願い☆突進のほうがナンボかひどい」という話だった気もするし、王樹については「画面端で陣と填に押し潰される」ほうが大変そうだ。アレクサンドルはガード不能の小足?風だが「お願い☆昇龍」と「お願い☆肩」と「お願い☆MB」の方が強いらしい。ライルは「シルフうぜー」だったし、カッツェは「竜巻ウゼー」だったような気がする。オセロは断然「立中とJ中うぜー」。

まあなんだかんだいって、MONSTERで強いのはコマンド技だと思う。似た技がほとんどないでしょうし、キャラクターの個性とオンリーワンな強さがありますからね。破天荒だし。

 ウチダさん:

 どーも、ご購入ありがとうございますです。
モーションは結構私がこだわりありますんでね。動きが滑らかだとついうれしくなってしまいます。簡単なんでトライしてみてくださいね。

 來御さん:

 思わずググってしまいました。私は餓狼シリーズはMOWしかやっていませんで。ちっとも知りませんでした。でも結局キャラ名分からなかったけれど。笠かぶってる人ですよね。インスパイア元はKOFの地雷振の人です。
 アブソードは性能としては押さえ気味です(あれで)。というより、Lv3+シフトよりも有用性が高いと、とりあえず貯めてアブソード撃ってればいいってことになってしまいますからね。それに、効果はこの特殊なゲーム中でももっとも特殊なものばかりです。使い方によってはコンボ以上の成果を上げることもできるでしょう。主に立ち回りについて圧倒的な優位を出せるようになっています。初心者の人でも楽しめるようにですね。


 さて、コレだけ反論しておいてなんだけど、コンボキャラばかりでも困りますね。まあ以前からずっと言っていますけど、和尚、デルガ、イフリートとコンボキャラじゃないのがそろってますのでね。その代わり皆さん、カッツェでさえ大変なのに、カッツェより大きい巨体でちびっ子どもの(かなり辛辣な)攻撃に耐えることができましょうか?楽しみです。
[PR]
by 8105graphics | 2006-09-29 17:23 | MONSTER.prj
<< 格ゲーってむつかしい 真達羅燎原 - 進化するモデル >>
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧